新型コロナウイルス関連事項のQ&A(3月25日時点)

2020/3/25
※ 状況は日々変わっています。
以下のQ&Aだけではなく,必ずカンボジアを含め渡航する予定の各国政府や各国に所在する日本国大使館が発信する最新情報の入手に努めるとともに,航空会社や旅行会社などからも積極的に情報を得るようにしてください。

1 カンボジア国内における新型コロナウイルスの状況について

Q1-1 カンボジア国内における感染状況はどのようになっていますか?

 カンボジア国内における感染状況は,以下のページをご覧ください。
   ◆ 在カンボジア日本国大使館「新型コロナウイルス関連情報」

Q1-2 感染が拡大しているようですが,今後の見通しを教えてください?

 今後感染が拡大するかどうかについては,予断をもってお答えすることができませんが,当地の医療事情などを踏まえ,感染が拡大したことを想定して,あらかじめ計画的に行動を考えておくようにしてください。
   ◆ 外務省「世界医療事情」 『カンボジア』

Q1-3 日本に帰国することが望ましいですか?

 新型コロナウイルスに感染した場合,感染者は,原則カンボジア保健省が指定する病院に入院することが求められ,日系医療機関や比較的医療水準が高い私立診療所・病院での診察,治療及び入院を自由に選択することはできません。また,タイなど近隣の国への搬送も,感染症の性質上,実際上困難なことが想定されます。
 また,周辺国の入国規制やフライトキャンセルなどにより,帰国のための手段が減少しています。
 これらのことを踏まえ,観光などで一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要がある方などは,早めの帰国をご検討ください。

2 日本への帰国の方法について

Q2-1 日本への帰国を予定していますが,どのようなルートで帰国することができますか。

 3月25日現在,プノンペンから成田空港へ日系航空会社が直行便を運航しています。今後の運行状況などにつきましては,航空会社よりの情報等をご確認お願いします。
 多くの周辺国が入国やトランジットについての規制措置を導入しており,また,突然のフライトキャンセルなど,日々フライト運行状況に多くの変更が生じています。
 経由便を利用するルートの航空券を購入する場合には,経由地に所在する日本国大使館のホームページや各国政府の発表などから最新情報の入手に努めてください。また航空券を購入する際には航空会社や旅行会社にご希望のルートでの帰国が問題ないかを必ず確認するようにしてください。
   ◆ 在カンボジア日本国大使館『カンボジア周辺国の日本国大使館・総領事館ホームページ』
 

Q2-2 中国や韓国を経由して帰国することはできますか?

 可能ですが,3月25日時点では,日本到着後に検疫所長が指定する場所(自宅など)で2週間の待機および空港などから移動を含め,公共交通機関を使用しないことが要請されることとなっていますので,ご注意ください。
なお,中国をトランジットする場合には,トランジットビザの申請が必要になる場合もありますので,事前に在カンボジア中国大使館にご確認ください。
 また,韓国をトランジットする場合には,入国しない形であればビザは不要ですが,空港(ターミナル)間移動や荷物の受け取りのために入国が必要な帰国ルートの場合には,ビザが必要になりますので,事前に航空会社や在カンボジア韓国大使館にご確認ください。
   ◆ 在カンボジア中国大使館ホームページ
   ◆ 在カンボジア韓国大使館ホームページ
   ◆ 厚生労働省『中国・韓国・ヨーロッパ諸国・イラン・エジプト等から入国・帰国される方へ』

3 カンボジアへの入国・トランジット

Q3-1 カンボジアへ入国する際に,規制などはありますか。

 現時点では,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,アメリカ及びイランの6カ国に滞在歴がある場合を除き,日本人に対する入国規制は導入されていません。ただし,今後新たな規制が導入される可能性もありますので,カンボジア政府の最新の発表を入手するようにしてください。
 3月18日には日本外務省がカンボジアに対しても感染症危険情報レベル1を発出し,『海外への渡航の是非又はその延期の必要性について改めて御検討』するように案内しています。
 さらに,周辺国の入国規制などの影響で,カンボジアを発着する便も大幅に減少しており,カンボジアから日本へ帰国するフライトがキャンセルとなり,帰国できない事例も発生していますので,カンボジアへの渡航については慎重に検討することを強くお勧めします。
   ◆ 外務省感染症危険情報 「カンボジア」

Q3-2 カンボジアを経由するルートでの帰国を予定しています。カンボジアではトランジットの際に,規制などはありますか。

 3月25日現在,カンボジアに入国しない形のトランジットであれば,規制を受けることなくトランジット可能です。ただし,今後新たな規制が導入される可能性もありますので,カンボジア政府の最新の発表を入手するようにしてください。
 なお,周辺国の入国規制などの影響で,カンボジアを発着する便も大幅に減少しており,カンボジアから出発するフライトがキャンセルとなり,帰国できない可能性もありますので,カンボジア政府及び航空会社の最新情報の入手に努めるようにしてください。

4  新型コロナウイルスの感染検査について

Q4-1 新型コロナウイルスの感染検査はどこで受けられますか?

 感染を確認するためのPCR検査自体を行うのは,プノンペンにあるパストゥール研究所ですが,感染検査のための検体採取のためにはカンボジア保健省が指定する病院を受診する必要があります。プノンペンの場合はクメール・ソビエト病院またはロイヤルプノンペン病院,プノンペン以外の場合は各州の州立病院などになります。不明点があれば,各医療機関またはカンボジア保健省ホットライン(TEL:115 英語対応可能。音声案内はクメールのみですが,案内終了後に「3」をプッシュすればつながります)にお問い合わせください。

Q4-2 染検査は希望すればだれでも受けることができますか?

 感染検査を希望した場合であっても,カンボジア保健省が定める条件に合致していない場合には検査を受けることはできません。

Q4-3 感染検査の結果が陰性の場合,陰性証明書の発行は依頼できますか?<

 陰性証明書の発行については,それぞれの医療機関が判断しますので,医療機関にお問い合わせください。

Q4-4 感染検査は有料ですか?

 パストゥール研究所で行うPCR検査は無料ですが,医療機関によっては診察料などの検体採取に付随する料金が発生する場合があるようですので医療機関にお問い合わせください。

Q4-5 感染検査の結果,陽性となった場合はどうすればいいですか?

 カンボジア保健省の指示に従うようにしてください。

Q4-6 入院費用は有料ですか?

 カンボジア保健省から入院費用は無料との発表がありましたが,私立病院に入院した場合には,治療費などの支払いが生じる可能性もありまので,医療機関にお問い合わせください。
 また,海外に渡航する際には,必ず海外旅行傷害保険に加入するようにしてください。