カンボジア及び各国の渡航制限

2021/1/9

カンボジアの出入国

全ての外国人を対象とした入国制限措置

・観光ビザ,e-visa,アライバルビザ(到着時に空港で入手できるビザ)の発行が停止される。
・今般の渡航制限措置は一時的なものであり、世界的な新型コロナウイルの感染拡大状況を踏まえ,定期的に見直しが行われる。
・入国時に健康診断やスクリーニングの対象となる。さらに,カンボジア保健省の指示による強制隔離,検疫,又はウイルスの予防と封じ込めのためのその他の措置の対象となる。

【入国制限措置の期間】
 カンボジア保健省及びWHOが,新型コロナウイルスの感染が収束したと評価するまでの期間。

【カンボジアへの渡航前の準備】
・居住国に所在するカンボジア大使館・総領事館等で,事前にビザを取得しなくてはならない。
・PCR検査(鼻咽頭スワブ)に基づき、かつ居住国からカンボジアに向けての出発の72時間前以内に居住国の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書を提示しなくてはならない。なお、同証明書は英語で作成され、なおかつ印字されていなければならない。
・(下記【入国時の防疫措置】のBのカテゴリーに該当する外国人の場合)FORTE Insurance Companyのウェブサイトにて、COVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)購入しなければならない。

【入国時の防疫措置】
A ”カンボジア滞在期間が14日以下であり、以下の条件に該当する外国人” ---- 12月12日以降、あらたな指示があるまで、このカテゴリーの運用は停止
・中国、日本、韓国、ベトナム、タイ、米国、欧州連合加盟国からカンボジアへ入国する外国人
・投資家、ビジネスパーソン、会社員、専門家、技術者
・保証人(企業の代表者、経済特区における投資プロジェクトのオーナー、該当する外国人が所属する企業など)が申請・取得した支払保証書を所持する被保証人
※ 支払保証書は下記のWEBページから申請できます。支払保証書の有効期間は30日です。なお、11月17日以前に取得された支払保証書及び招へい状は無効となっています。
   www.registrationservices.gov.kh
   www.cambodiainvestment.gov.kh
   www.cdcmoh.gov.kh 

<到着後>
・事前に準備した健康診断書(陰性証明書) 及び 支払保証書の提出
・特別優先レーンを通過し、新型コロナウイルス感染検査のための検体を採取
・保健省が指定するホテルにて検査結果が通知されるまで待機
 
<陰性確認後>
・自己隔離を継続しつつ、支払保証書の申請時に登録した活動計画に従って活動することが可能。
(注)検査の結果、同一フライト等の乗客の中に1人でも陽性者が確認された場合は、支払保証書を所持している外国人も、保健省が指定するホテルで強制隔離となります。
・カンボジア出国前に、国立公衆衛生研究所(National Institute of Public Health)にて感染検査を受検
(注)カンボジア保健省から当館に対する説明では、出国の48時間前以内に検査を受ける必要があるとのことです。ただし、証明書の発行は、受検日の翌日になるようですので、ご留意ください。また、同研究所の担当者が、支払保証を受けて入国する外国人の2回目のPCR検査について把握していない例も見受けられます。運用はしばしば変更される可能性がありますので、事前に連絡し、受検の条件等について、確認するようにしてください
 
B ”上記A以外の外国人” ---- 12月12日以降、あらたな指示があるまで、すべての入国者はこのカテゴリーに含まれます
<到着後>
・2,000米ドルのデポジット(デポジットは、隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金されます)
・FORTE Insurance Companyのウェブサイトにて購入したCOVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)の提示
・保健省が指定するホテルにて14日間の隔離(宿泊費は、1泊60米ドルから75米ドル)
・到着時及び隔離13日目に、新型コロナウイルス感染検査の受検(感染が疑われる場合には、追加的に検査を受検)
※ 隔離期間中の経費及び新型コロナウイルスの治療費を規定した6月11日付保健省アナウンスメントのは、引き続き有効。
  【参考】 当館ホームページ「防疫措置で生じる自己負担額
   


 
<カンボジアの入国規制についての照会先>
カンボジア保健省          +855-77-939-598
カンボジア外務国際協力省 +855-77-575-807
 ※ 英語 または クメール語


カンボジア保健省、外務国際協力省などからの通知
  入国規制の導入について(2020年3月27日付 カンボジア外務国際協力省アナウンスメント No.734)
  入国規制の延長について(2020年4月16日付 カンボジア外務国際協力省アナウンスメント No.860)
  入国時の感染検査の導入について(2020年5月20日付 カンボジア外務国際協力省アナウンスメント No.1003)
  防疫措置で生じる自己負担額(2020年6月11日付 カンボジア保健省アナウンスメント No.564)
  外国人に対する入国措置の一部変更(2020年8月4日付 カンボジア保健省アナウンスメント)
  外国人に対する入国措置の一部変更(2020年11月11日付 カンボジア保健省アナウンスメント No.226)
  保証制度による入国制度の停止等について(2020年12月4日付 カンボジア保健省プレスリリース No.251)
  入国規制についてのパンフレット

日本への入国

カンボジアから帰国する場合

  !!! 日本入国時の防疫措置が強化されています !!!
~2021年1月9日から日本国内の緊急事態宣言が解除されるまでの間~
詳細は
こちらをご覧ください


 カンボジアから日本へ帰国する場合には、検疫所長の指定する場所(自宅など)で14日間待機し、空港等からの移動も含め、公共交通機関(国内線のフライトを含む)を使用しないことが要請されます。(現在、これに加え、陰性証明書の提出と到着時の感染結果が求められています)

 ◆ 厚生労働省ホームページ
   【新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の抜本的強化(これから海外から日本へ来られる方へ)】
   【水際対策の抜本的強化に関するQ&A】
  【不明点などがある場合には、以下の連絡先までお問い合わせください】
    日本国内から:0120-565-653(フリーダイヤル)
    海外から:+81-3-3595-2176
 

周辺国を経由して帰国する場合

 上陸拒否対象国にて、入国を伴うトランジットした場合には、日本帰国時にPCR検査の対象となります。

 ◆ 法務省ホームページ
   新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について  

 ◆ 外国人在留総合インフォメーションセンター
   日本国内から: 0570-013904
   海  外   か ら: +81-3-5796-7112

   メールアドレス:info-tokyo@i.moj.go.jp

 

カンボジア滞在歴を対象とした第三国への入国規制措置・行動制限

 カンボジアから日本以外への国への渡航・乗り継ぎなどを検討される際には,各国当局や訪問先の日本国大使館のホームページ(カンボジア周辺国の日本国大使館・総領事館のホームページ)を参照し,また安全情報や渡航情報を受け取ることができる外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録するなど,最新の情報を十分に確認してから渡航するようにしてください。

日本からの渡航者・日本人に対する入国規制措置・行動制限

外務省 海外安全ホームページ
  【トップページ
  【各国・地域の入国規制措置及び入国・入域後の行動制限