シェムリアップ全域における「レッドゾーン」及び「オレンジゾーン」等の解除について

2021/10/1
9 月30 日、シェムリアップ州政府は、これまで州全域に出されていた「レッドゾーン」及び「オレンジゾーン」を全て解除する旨発表しました。併せて、これまで州境に設置していた健康状態等を確認するためのチェックポイントについても全て廃止する旨発表しました。
 
 なお、シェムリアップ州政府によると、その他の新型コロナ感染拡大防止措置(特に感染リスクの高い営業制限、私的な集まりの禁止、夜間(午後9 時から午前3 時まで)の移動禁止、アルコール類の販売禁止等)については、引き続き継続するとのことですのでご留意下さい。
 
 カンボジアでは、デルタ株の市中感染が確認されるなど、新型コロナによる感染リスクは継続しています。今後、必要に応じ、当局による更なる措置の導入や厳格化も排除できません。カンボジアに滞在されている皆様におかれましては、引き続き感染予防に努めるとともに、当局の措置に留意するようにしてください。
 
【「レッドゾーン」「オレンジゾーン」解除対象】
シェムリアップ州全域(シェムリアップ市内、プォク郡、ソーニコム郡、チークレン郡を含む。
 
なお、これらの規制・制限は、内容が予告なく変更されたり、新たな命令が発出され、即日施行される場合等もありますので、最新の情報の入手に努めるようにしてください。