在留邦人の日本への一時帰国時におけるワクチン接種事業

2021/7/19

在留邦人の日本への一時帰国時におけるワクチン接種事業について

 日本政府は、以下の条件を充たす在留邦人等の皆様を対象に、日本への一時帰国時におけるワクチン接種事業を8月1日から来年1月上旬までの予定で実施することとなっており、7月19日から予約受付を開始しております。

【ワクチン接種事業対象者の条件(以下を全て満たす方のみ対象)】

●在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は一部の再入国出国中の外国人(対象範囲は下記外務省HPの特設ページでご確認ください。)
●日本国内に住民票を有していない
※現時点で住民票を有している方や,一時帰国時に住民票登録を行う場合は登録先の自治体による接種事業の対象となるため、本事業の対象外となります。

●接種を受ける日に12歳以上である方
●特設サイトを通じて事前予約をしている方


 予約のための特設サイトや本事業についての詳細は、以下ページよりご確認ください。本件事業について質問がある方は、まずは下記ページ内にある「よくある質問」コーナーをご一読ください。
 
 URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html 
 
【お問い合わせ】
本事業に関するお問い合わせは以下番号までお願いします。(平日 日本時間9時~17時)
●日本国内からかける場合:0570-011-000
●海外からかける場合:(+81)3-5363―3013
自動アナウンスに従って、「1」次いで「5」を押してください。