プノンペン都における感染拡大防止措置(6月2日付プノンペン都決定)

2021/6/3
在留邦人の皆様
 
6月2日,プノンペン都は,新たな感染拡大防止措置(都決定No.121/21SSR)を発表しましたので,概要をお知らせします。
 
【新たに発表された感染防止措置】
6月3日から同16日までの14日間,以下の措置が取られる。
 
○下記のCOVID-19の感染拡大リスクが高い業務・営業活動は一時的に休止される。
・オンライン授業を提供する学校を除く公立・私立の職業訓練学校を含めた学校
・カラオケ,クラブ,ディスコ,ビアガーデン,カジノ等の全種類の娯楽施設
・リゾート,博物館、公園等
・マッサージ
・映画館,文化劇場,ジム,スポーツセンター
 
ただし,上記以外にも,プノンペン都は,感染拡大防止の必要性に応じ,実際の状況に鑑みて,業務・営業活動の禁止を検討及び決定する。
 
○以下を除き15人以上の集会を一時的に禁止する。
・伝統儀式や宗教儀式等に際しての同居している家族の中での集まり
・COVID-19検査の結果陰性が確認された遺体についての,管轄当局の規定に従った葬式の実施
・公共機関の集会,COVID-19検査の受検やワクチンの接種等の保健上の措置を実施するための集会
・その他救急業務を遂行するための保健担当職員の集会
・治安・公共秩序を維持するための管轄当局及び統一司令部の任務を遂行するための集会
・司法警察及び裁判での法律上の義務を果たすための集会
・公益のために必要な集会または管轄当局によって定められたその他の目的の集会
・本決定で禁止されているもの以外の業務活動のための集会
 
ただし,上記の場合以外にも,プノンペン都は感染拡大防止の必要性に応じ,実際の状況に鑑みて,感染拡大リスクの高い集会の禁止を検討及び決定する。
 
○本措置に反する者については,COVID-19及びその他深刻で危険な感染症拡大防止措置法及び現行の関連法令に従って,違反者の公表を含めた行政罰及び刑罰を課さなければならない。