シェムリアップ市内におけるロックダウン状況

2021/4/30
4月30日現在、シェムリアップ市内では,スヴァーイ・ドンクム地区の一部(シェムリアップ州立病院前及びカンダール市場周辺部,コントローク市場)でロックダウンが行われていますので,ご留意の上,引き続き新型コロナ感染防止に努めて下さい。
 
4月30日、シェムリアップ州政府は、状況がコンロール出来ているとして、シェムリアップ市内3地区(スヴァーイ・ドンクム地区、サーラー・コムラウク地区、シェムリアップ地区)、クラオム市場(スヴァーイ・ドンクム地区)、ワット・アットヴィア市場(シェムリアップ地区)のロックダウンを解除する旨発表しました。
 
同時に、同州政府は、引き続き、マスク着用、ソーシャルディスタンス確保、手指消毒、検温及び新型コロナ感染防止のための「3つのDoとDon’t」の励行を呼びかけていますので、ご留意の上、新型コロナ感染防止に努めて下さい。
 
【ご参考】
・新型コロナ感染防止のための「3つのDoと3つのDon’t」
(1) 手指の洗浄・消毒
(2) マスクの着用
(3) ソーシャル・ディスタンス(1.5m)の確保
(4) 密閉空間を避ける
(5) 人混みを避ける
(6) 他人との接触を避ける
 
なお、30日現在、シェムリアップ市内(スヴァーイ・ドンクム地区)の一部については、ロックダウンが行われていますのでご留意下さい。
 
(ロックダウン対象)
※シェムリアップ市スヴァーイ・ドンクム地区の一部
●シェムリアップ州立病院前及びカンダール市場周辺部(4月29日~未定)
●コントローク市場(4月30日~5月14日)