新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ(第3報)

2021/4/10
在留邦人の皆様
 
カンボジアにおける新型コロナウイルスのワクチン接種につきまして、4月2日の領事メールにて、ワクチン接種を希望する自国民のリストを大使館が作成するようにカンボジア政府から要請があった旨お知らせしましたが、4月8日、COVID-19対応閣僚会議から、カンボジアに居住または就労する外国人のワクチン接種に関する新たなアナウンスメントが発出されましたので、お知らせします。
 
4月8日付アナウンスメントの概要は、以下のとおりです。
1. Eビザ及び労働許可の両方を所持している者
・接種リスト登録担当官庁:職業労働訓練省
・接種登録に必要な書類:有効なパスポート、有効なビザ、有効な労働許可証
・接種の時期:同じ職場で勤務するカンボジア人と同じ時期
2. Kビザ所持者、カンボジア人の配偶者、リタイアメントビザ所持者等、上記1.に含まれない合法的な長期滞在者
・接種リスト登録担当官庁:都、州、市レベルの行政機関
・接種登録に必要な書類:有効なパスポート、有効なビザ
・接種の時期:居住する地区のカンボジア人と同じ時期
 
当館からカンボジア当局に対して、ワクチン接種の時期などについて照会しましたが、ワクチン接種の準備が整い次第発表があるとの回答がありました。
今後、ワクチン接種についてご質問がある場合には、上記担当官庁までお問い合わせください。このアナウンスメントにより、大使館への登録等の手続きは必要がなくなったと理解していますが、当館にて参考となる情報を入手した場合には、あらためてご案内します。
 
なお、4月10日現在、カンボジアに輸入された新型コロナウイルスワクチンはすべて、日本の保健当局が薬事承認したものではありません。現時点で、当館として積極的に接種をお勧めする趣旨ではありませんが、個人のご判断でカンボジア政府によるワクチン接種を希望される方は、副反応のリスクを含め、カンボジア政府当局の発表に十分注意し、行動してください。