カンボジア国内の主な規制(移動制限や外出禁止など)

2021/4/18
規制の内容は、予告なく変更されたり、新たな命令が発出され、即日施行される場合等もありますので、最新の情報の入手に努めるようにしてください。
また、規制に違反した場合、カンボジアの国内法、政令、省令等に基づき、法的処分や強制隔離措置の対象となりえますので、十分注意して行動してください。


※ 以下の記載内容は、政府等の決定や報道等をもとに、主要点を取りまとめたものですが、当館が把握していないものや周知されることなく内容が変更されたものがあった場合等、以下の記載と実際の規制や制限とが異なる場合があります。お住まいの場所や訪問先の規制・制限につきましては、必ずご自身でも確認するようにしてください。

カンボジア国内全域の主な規制

州を越える移動の禁止

● 期間
 4月7日~28日

● 禁止
・州を越える移動
※ プノンペン都とカンダール州の越境及び以下の場合は、禁止の対象外
・労働職業訓練省・局からの許可証を有する工場及び企業への労働者の輸送
・必要かつ緊急の医療サービスを目的とした最も近距離に所在する病院及び医療センターへの移動(同伴人数は、本人含めて4人以下)
・管轄当局からの許可を受けた移動

 

マスク着用及びソーシャルディスタンス確保義務地域

● プノンペン都
● シハヌークビル州
● カンダール州
● プレイベーン州
● シェムリアップ州
● スバイリエン州
 
【マスクの着用が求められる主なケース】
隔離対象者、乗合バス/タクシーや公共交通機関の乗客、人が多く集まる公共の場所にいる場合、2名以上が集まる場所にいる場合など
※例外規定もあります。
 
【ソーシャルディスタンス(1.5メートル以上)の確保が求められるケース】
職場を含め、人が多く集まる公共の場所にいる場合等
※ 例外規定もあります。
 
上記の感染防止措置に違反した場合の罰則は以下のとおりです。
● マスクを着用せず、保健当局及びその他の機関から警告を受けてもなおマスクを着用しない場合; 
  <罰金> 200,000~1,000,000リエル
● ソーシャルディスタンスを確保せず、保健当局及びその他の機関から警告を受けてもなおソーシャルディスタンスを確保しない場合;
  <罰金> 200,000~1,000,000リエル
 

プノンペン都及び各州の主な規制

ロックダウン

● ロックダウン期間
  4月15日0時 ~ 4月28日24時

● ロックダウン対象区域
 ・プノンペン都内全域

● 外出の禁止
<例外>
・禁止または制限されていない企業活動のための通勤。ただし、国家ロックダウン実施委員会の実行委員会発行の許可証、身分を証明する書類、職業証明書(氏名、職業、業種、業務遂行に関連する住所が記載されていること)を携行すること。国家ロックダウン実施委員会の実行委員会は、詳細についてガイドラインを追って発出する。
・ロックダウン対象区域から空港への移動(パスポート及びEチケットを携行すること)
・食料や日用品の買い物(ただし、各世帯から2人まで、週に3回を超えてはならず、居住している市・区内の最短距離の場所で、カンボジアIDまたはパスポートを携行すること)
・緊急の健康上の理由による医療機関・薬局への移動(管轄当局から許可された場合、区域外への移動も可能。ただし、1案件につき4人を超えてはならず、マスクの着用及びソーシャルディスタンスの確保をすること)
・管轄当局に指定された場所における、PCR検査の受検のための移動
・管轄当局の規定に従った、2回目のワクチン接種のための移動。ロックダウン区域内における1回目のワクチン接種については、ロックダウン期間中、一時的に停止される
・公益に資する活動または公的機関によって要請または指定された活動のための移動
・居住する住宅内での個人のスポーツ活動。住居外でのスポーツは認められない
・外交団、国連機関、国際金融機関の外国人職員の移動(身分及び職業を証明する文書を携行すること。また、カンボジア人の使用ドライバーを同伴することができる)
・身分証明書、職業証明書及び情報省発行の移動許可証を所持している報道機関職員の移動。情報省の許可を受けるためには、報道機関の職員数は最小限としなければならない
・管轄当局が認める必要かつ急を要する理由による移動
※ 20時から翌5時までの夜間は、緊急の健康上の理由、物品の運搬、公共の利益に資する業務、営業禁止が免除されている企業・施設等への通勤、管轄当局から許可を得ている場合を除き、上記例外は適用されない。
※ 違反者に対しては、車両の一時的没収を含めた法的措置が執られる。

● 企業活動の禁止
<例外>
・食肉処理場を含む、日常生活に不可欠な食品及び食料品を製造する工場、企業、手工芸、製造所
・食料品を扱う秩序立った卸売市場・小売店、テイクアウト販売を行う飲食店、ガソリンスタンド、ガス販売所、その他管轄当局が許可する生活必需品を供給する場所。当局は、食料品市場・小売店、飲食店に対し、当該地区における必要性に基づき、また実際の状況に照らし、検査を行い、営業の可否を決定する権限を有する。
・ホテルやゲストハウスの宿泊業。ただし、管轄当局が定める隔離対象ホテルを除き、スタッフ数及び勤務時間を必要最小限とし、スタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事及び宿泊は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・消防、電気・水道供給、ゴミ収集サービス等の公務・公共サービスに関する業務
・公的機関及び治安部隊の活動
・出勤するスタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事は、業務に従事する現場にて行うとする方針に従ったオンラインで行われる全ての業務
・救急サービス、保健・薬局サービス、郵便・通信、銀行、金融及び管轄当局に認められた日常生活に必要なサービスを供給する企業等。但し、通常通り運営されている救急サービス、保健・薬局サービスを除き、出勤するスタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・国の社会経済分野に必要な物資の運搬サービス。ただし、この運搬にあたり、人の運送は認められない
・マスク、アルコール、酸素を含む、医薬品及び医療物資を製造する工場、企業、手工芸、製造所
・ロックダウン地区に貢献する食品や食料を運搬するサービス。ただし、この運搬にあたり、人の運送は認められない
・物資・食料保管庫の管理・保護。ただし、出勤するスタッフの数は許可を受けた必要最小限とし、職員の食事及び宿泊は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・管轄当局により許可・調整された、隔離明けの者、病院または治療場所から退院した病人の移送
・管轄当局から許可されたその他の必要な企業活動
※ 20時から翌5時までの夜間は、医療サービス、ガソリンスタンド、ホテル、その他管轄当局から許可を得ている公共サービスを除き、上記例外は適用されない。
※ 例外として認められた業務、企業活動においても、全ての者は、新型コロナ感染拡大防止を目的として、ウイルスの消毒のための衛生対策、検温、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保等の保健措置を実施する義務を有する。
※ 違反者に対しては、車両の一時的没収を含めた法的措置が執られる。


● 集会の禁止
<例外>
・同居している家族の中での集まり
・管轄当局の規定に従った葬式の実施
・COVID-19の検査の受検やワクチンの接種等の保健上の措置を実施するための集会
・治安、公共秩序を維持するための、管轄当局等の任務を遂行するための集会
・公益のための、または、管轄当局によって定められたその他の目的のために必要な集会
※ 違反者に対しては、法的措置が執られる。
 

夜間外出禁止 等

● 期間
 4月1日~28日、20:00~05:00


● 禁止
1. 外出(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 証明書又は至近の管轄当局による許可を受けた、緊急の医療を理由とした、又は、必要な家族の問題を理由とした移動
(2) 組織の任務を行うための公的及び私的な医療関係者、公務員、消防団、全ての種類の治安部隊の移動
(3) コンテナ車、貨物車、コンクリート車、建築資材や貨物運送車両、ゴミ・固形廃棄物や医療廃棄物運送車両の移動及び運送サービスに従事するスタッフの食品輸送
(4) 通常通りの営業が許可されている企業、機関、工場、事業所での仕事に従事するためのスタッフや労働者の移動
(5) 管轄当局からの許可を得たその他必要な移動
 
2. 飲食や飲酒を伴う集まり(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 同じ家に住む家族又は居住者による集まり
(2) 関係当局による規定を遵守して実施される葬式
(3) 新型コロナ陽性者の直接的、間接的接触者から検体を採取するため又は新型コロナ陽性者を運ぶための保健関係者の、又は、その他の緊急の業務に対応する医療関係者の集まり
(4) 治安や公共の秩序を維持するための、管轄当局や全ての階層における統一指揮命令委員会の集まり
(5) 公共の利益に奉仕するための、又は、管轄当局が定めた他の理由による必要な集まり
 
3. レストラン、食堂、喫茶店、飲料店、ホテル内レストラン等の営業(20:00~05:00)
※ それらの場所におけるテイクアウト商品の販売は可能
 

一部地区のロックダウン

ロックダウン期間: 4月10日~4月23日
 
ロックダウン対象地区
 ミエンチェイ区
(Meanchey District)
  ・ストゥンミエンチェイ第1町 (Sangkat Meanchey I) 全域
  ・ストゥンミエンチェイ第2町 (Sangkat Meanchey II​) 全域
  ・ストゥンミエンチェイ第3町 (Sangkat Meanchey III​)
    トリア第4村(Trea 4 Village)
    ダムナック・トム第2村(Damnak Thom 2 Village)
    ダムナック・トム第3村(Damnak Thom 3 Village)
 センソック区 (Sen Sok’s District)
  ・オーバエクオーム町(Sangkat Ou Baek K'am)
    トロンモアン村(Troung Man Village)
 ポーセンチェイ区 (Pou Senchey District)
  ・チャオムチャウ第 1 町(Sangkat Choam Chao 1)
    トロペアントロン第2村(Trapeang Thleung 2 Village)
    トゥールポンロー村(Toul Pong Village)
  ・カカープ第 1 町(Sangkat Kar Kap 1)
    チョムカーウルク第1村 (Chamkar Ovulk 1 Village)
    南ポプローク村(South Pork Village)
    北ポプローク村(North Pork Village)
    トロペアンルビア第1村(Trapeang Lvea 1 Village)
  ・カカープ第 2町(Sangkat Kar Kap 2)
    チョムカーウルク第2村 (Chamkar Ovulk 1 Village)
 
● 禁止される事項
・移動
・集会
・ビジネス活動
 

● 例外事項
<移動>
・生活必需品の購入のための居住地区内の外出。ただし、居住する地区を管轄する当局に通知する必要があり、外出できるのは同居する家族のうち2名のみで、週に2回まで
・営業の許可を受けている職場への通勤(職業証明書を携帯すること)
・緊急の健康上の理由による居住地区内の医療機関・薬局等への移動
・管轄当局から許可を受けた緊急の健康上の理由による居住地区外への移動
 
<ビジネス活動>
・生活に不可欠なサービス(ガソリンスタンド、銀行、郵便・通信、商店、レストラン、食堂。ただし、従業員の数を最小限に抑えなければならない)
・管轄当局から認められたその他の必要な業務

ロックダウン

● ロックダウン期間
  4月15日0時 ~ 4月28日24時

● ロックダウン対象区域
 ・タクマウ市

● 外出の禁止
<例外>
・禁止または制限されていない企業活動のための通勤。ただし、国家ロックダウン実施委員会の実行委員会発行の許可証、身分を証明する書類、職業証明書(氏名、職業、業種、業務遂行に関連する住所が記載されていること)を携行すること。国家ロックダウン実施委員会の実行委員会は、詳細についてガイドラインを追って発出する。
・ロックダウン対象区域から空港への移動(パスポート及びEチケットを携行すること)
・食料や日用品の買い物(ただし、各世帯から2人まで、週に3回を超えてはならず、居住している市・区内の最短距離の場所で、カンボジアIDまたはパスポートを携行すること)
・緊急の健康上の理由による医療機関・薬局への移動(管轄当局から許可された場合、区域外への移動も可能。ただし、1案件につき4人を超えてはならず、マスクの着用及びソーシャルディスタンスの確保をすること)
・管轄当局に指定された場所における、PCR検査の受検のための移動
・管轄当局の規定に従った、2回目のワクチン接種のための移動。ロックダウン区域内における1回目のワクチン接種については、ロックダウン期間中、一時的に停止される
・公益に資する活動または公的機関によって要請または指定された活動のための移動
・居住する住宅内での個人のスポーツ活動。住居外でのスポーツは認められない
・外交団、国連機関、国際金融機関の外国人職員の移動(身分及び職業を証明する文書を携行すること。また、カンボジア人の使用ドライバーを同伴することができる)
・身分証明書、職業証明書及び情報省発行の移動許可証を所持している報道機関職員の移動。情報省の許可を受けるためには、報道機関の職員数は最小限としなければならない
・管轄当局が認める必要かつ急を要する理由による移動
※ 20時から翌5時までの夜間は、緊急の健康上の理由、物品の運搬、公共の利益に資する業務、営業禁止が免除されている企業・施設等への通勤、管轄当局から許可を得ている場合を除き、上記例外は適用されない。
※ 違反者に対しては、車両の一時的没収を含めた法的措置が執られる。

● 企業活動の禁止
<例外>
・食肉処理場を含む、日常生活に不可欠な食品及び食料品を製造する工場、企業、手工芸、製造所
・食料品を扱う秩序立った卸売市場・小売店、テイクアウト販売を行う飲食店、ガソリンスタンド、ガス販売所、その他管轄当局が許可する生活必需品を供給する場所。当局は、食料品市場・小売店、飲食店に対し、当該地区における必要性に基づき、また実際の状況に照らし、検査を行い、営業の可否を決定する権限を有する。
・ホテルやゲストハウスの宿泊業。ただし、管轄当局が定める隔離対象ホテルを除き、スタッフ数及び勤務時間を必要最小限とし、スタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事及び宿泊は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・消防、電気・水道供給、ゴミ収集サービス等の公務・公共サービスに関する業務
・公的機関及び治安部隊の活動
・出勤するスタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事は、業務に従事する現場にて行うとする方針に従ったオンラインで行われる全ての業務
・救急サービス、保健・薬局サービス、郵便・通信、銀行、金融及び管轄当局に認められた日常生活に必要なサービスを供給する企業等。但し、通常通り運営されている救急サービス、保健・薬局サービスを除き、出勤するスタッフの数は必要最小限かつ2%以内とし、職員の食事は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・国の社会経済分野に必要な物資の運搬サービス。ただし、この運搬にあたり、人の運送は認められない
・マスク、アルコール、酸素を含む、医薬品及び医療物資を製造する工場、企業、手工芸、製造所
・ロックダウン地区に貢献する食品や食料を運搬するサービス。ただし、この運搬にあたり、人の運送は認められない
・物資・食料保管庫の管理・保護。ただし、出勤するスタッフの数は許可を受けた必要最小限とし、職員の食事及び宿泊は、業務に従事する現場にて行わなければならない
・管轄当局により許可・調整された、隔離明けの者、病院または治療場所から退院した病人の移送
・管轄当局から許可されたその他の必要な企業活動
※ 20時から翌5時までの夜間は、医療サービス、ガソリンスタンド、ホテル、その他管轄当局から許可を得ている公共サービスを除き、上記例外は適用されない。
※ 例外として認められた業務、企業活動においても、全ての者は、新型コロナ感染拡大防止を目的として、ウイルスの消毒のための衛生対策、検温、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保等の保健措置を実施する義務を有する。
※ 違反者に対しては、車両の一時的没収を含めた法的措置が執られる。


● 集会の禁止
<例外>
・同居している家族の中での集まり
・管轄当局の規定に従った葬式の実施
・COVID-19の検査の受検やワクチンの接種等の保健上の措置を実施するための集会
・治安、公共秩序を維持するための、管轄当局等の任務を遂行するための集会
・公益のための、または、管轄当局によって定められたその他の目的のために必要な集会
※ 違反者に対しては、法的措置が執られる。
● 期間
 3月4日~

● 禁止
1. バス、タクシー等の旅客運搬車両の運行
2. 州を越える移動
● 期間
 4月10日~18日

● 禁止
1. 飲食店の営業
2. 集会、会食

※ 同一居所の家族の場合は可
3. 移動、旅客運送

● 隔離
1. 感染確認地域からの来訪者:自宅または隔離施設にて14日間の隔離
 
● 要請
1. 不要不急の外出
● 期間
 クメール正月期間中

● 禁止
1. 会食、パーティ、カラオケ、クラブ、コンサート、ギャンブル
2. アルコール類の販売

● 要請
1. 他州からの来訪の自粛

● 隔離等
1. 他州からの来訪者:追跡調査、PCR検査の受検、14日間の隔離
2. 感染者が訪れた区域の封鎖
● 期間
 4月8日~21日


● 禁止
1. リゾート地域における営業
2. レストラン、食堂、商店、スーパー等、人が多く集まる施設の営業(20:00~05:00)
3. スポーツ活動
4. 居住地や職場でのパーティー等

● 隔離等
1. 高リスクの地域からの来訪者: 14日間の隔離
● 期間
 4月2日~15日


●禁止
1. 飲食店の営業(20:00~05:00)
2. 集会、会食(20:00~05:00)

※ 以下は適用外
(1) 同一居所の家族との集まり
(2) 管轄当局の規定に従った葬式の実施
(3) 緊急案件に対応する保健当局関係者の集会
(4) 治安や公共秩序の維持のための管轄当局、州・市・区・村・地区の当局による集まり
3. グループで行うスポーツの禁止  
● 期間
 4月6日~18日


● 義務
1. 感染が確認されている都・州からの来訪者:地方当局への報告
2. 他州からの来訪者:当局による健康チェック、移動制限、他者との接触回避


● 要請
1. 不要不急の外出や州間の移動の自粛
● 期間
 4月7日~18日


●禁止
1. 外出
※ 以下は適用外
(1) 通勤(職業証明書等の所持が必要)
(2) 食料や日用品の買い物
(3) 緊急の健康上の理由による、病院、保健センター、産院、診療所、薬局への移動

2. 集会
※ 以下は適用外
(1) 同居している家族の集まり
(2) 管轄当局の規定に従った葬式の実施

夜間外出禁止 等

● 期間
 4月10日~23日、20:00~05:00


● 禁止
1. 外出(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 証明書又は至近の管轄当局による許可を受けた、緊急の医療を理由とした、又は、必要な家族の問題を理由とした移動
(2) 組織の任務を行うための公的及び私的な医療関係者、公務員、消防団、全ての種類の治安部隊の移動
(3) コンテナ車、貨物車、コンクリート車、建築資材や貨物運送車両、ゴミ・固形廃棄物や医療廃棄物運送車両の移動及び運送サービスに従事するスタッフの食品輸送
(4) 通常通りの営業が許可されている企業、機関、工場、事業所での仕事に従事するためのスタッフや労働者の移動
(5) 管轄当局からの許可を得たその他必要な移動
 
2. 飲食や飲酒を伴う集まり(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 同じ家に住む家族又は居住者による集まり
(2) 関係当局による規定を遵守して実施される葬式
(3) 新型コロナ陽性者の直接的、間接的接触者から検体を採取するため又は新型コロナ陽性者を運ぶための保健関係者の、又は、その他の緊急の業務に対応する医療関係者の集まり
(4) 治安や公共の秩序を維持するための、管轄当局や全ての階層における統一指揮命令委員会の集まり
(5) 公共の利益に奉仕するための、又は、管轄当局が定めた他の理由による必要な集まり
 
3. レストラン、食堂、喫茶店、飲料店、ホテル内レストラン等の営業(20:00~05:00)
※ それらの場所におけるテイクアウト商品の販売は可能

隔離 等

 ● 期間
 4月7日~20日

● 隔離等
1. 他州からの来訪者: 州立教員養成学校でのヘルスチェック、自宅又は当局が指定する施設にて14日間の隔離

 

ロックダウン

● ロックダウン期間
 ・4月16日(金)0時 ~ 4月29日(木)
 
● ロックダウン対象区域
 ・シェムリアップ市内3地区(スヴァーイ・ドンクム地区,サーラー・コムラウク地区,シェムリアップ地区)
 
● 外出の禁止
<例外>
・区域内において,禁止または制限されていない企業活動のための通勤(職場または管轄当局発行の職業証明書等を携行すること)
・食料や日用品の買い物(ただし、各世帯から2人まで、週に2回を超えてはならず、居住している区域内)
・緊急の健康上の理由による医療機関・薬局への移動(管轄当局から許可された場合、区域外への移動も可能。)
・区域内でのPCR検査の受検及びCOVID-19予防のためのワクチンの接種のための移動
・公立・私立医療機関職員,公務員,消防,軍関係者の任務のための移動
・公益に資する活動または公的機関によって要請または指定された活動のための移動
・管轄当局が認める必要かつ緊急性の認められる理由による移動
 
※ 上記の場合であっても,マスク着用,ソーシャルディスタンス確保,消毒,検温等の新型コロナ感染防止策をとる義務がある。20時から翌5時までの夜間は、緊急医療、物品の搬送、公共の利益に資する業務、営業禁止が免除されている企業・施設等への通勤、管轄当局から許可を得ている場合を除き、上記例外は適用されない。
 
● 集会の禁止
<例外>
・同居している家族の中での集まり
・管轄当局の規定に従った葬式の実施
・COVID-19の検査や緊急医療等に従事するための医療関係者の集まり
・治安、公共秩序を維持するため、管轄当局等の任務を遂行するための集まり
・公益のため、または、管轄当局によって定められたその他の目的のために必要な集まり
※ 上記の場合であっても,マスク着用,ソーシャルディスタンス確保,消毒,検温等の新型コロナ感染防止策をとる義務がある
 
● 企業活動の禁止
<例外>
・電気・水道供給、ゴミ収集サービス等の公務・公共サービスに関する業務
・オンラインで行われる全ての業務
・救急サービス、保健・薬局サービス
・銀行、金融,ガソリンスタンド,郵便・通信,スーパー,ミニマート,レストラン・食堂等,日常生活に必要な物品・サービスの提供(ただし従業員数を最小限に抑えること)
・不可欠な物品の搬送業
・管轄当局から許可されたその他の必要な企業活動
※ 上記の場合であっても,マスク着用,ソーシャルディスタンス確保,消毒,検温等の新型コロナ感染防止策をとる義務がある。但し20時から翌5時までの夜間は、医療サービス、ガソリンスタンド、その他管轄当局から許可を得ている公共サービスを除き、上記例外は適用されない。
 
● 処罰
これらの措置に違反した者は,新型コロナウイルス感染防止等を目的とする関連法令等の規定による罰則が適用される。
● 期間
 クメール正月期間中


●禁止
1. 感染拡大のリスクがある地域への出入り
2. 大人数があつまる集会、行事


● 隔離等
1. 州外からの来訪者: 当局への報告義務、自宅での14日間の隔離
● 期間
 4月11日~17日


●禁止
1. 飲食店、商店の営業(20:00~05:00)
2. 大人数があつまるスポーツやパーティー等の集会
3. リゾート施設の営業


  ● 隔離等
1. 感染リスクの高い地域からの来訪者: 当局による追跡調査と14日間の隔離
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 飲食店、商店の営業
2. 大人数があつまるスポーツやパーティー等の集会
3. リゾート施設の営業
4. 公共の場での集まり(20:00~04:00)


  ● 隔離等
1. 他州からの来訪者: 14日間の隔離
● 期間
 4月7日~20日、20:00~05:00


● 禁止
1. 外出(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 証明書又は至近の管轄当局による許可を受けた、緊急の医療を理由とした、又は、必要な家族の問題を理由とした移動
(2) 組織の任務を行うための公的及び私的な医療関係者、公務員、消防団、全ての種類の治安部隊の移動
(3) コンテナ車、貨物車、コンクリート車、建築資材や貨物運送車両、ゴミ・固形廃棄物や医療廃棄物運送車両の移動及び運送サービスに従事するスタッフの食品輸送
(4) 通常通りの営業が許可されている企業、機関、工場、事業所での仕事に従事するためのスタッフや労働者の移動
(5) 管轄当局からの許可を得たその他必要な移動
 
2. 飲食や飲酒を伴う集まり(20:00~05:00)
※ 以下は適用外
(1) 同じ家に住む家族又は居住者による集まり
(2) 関係当局による規定を遵守して実施される葬式
(3) 新型コロナ陽性者の直接的、間接的接触者から検体を採取するため又は新型コロナ陽性者を運ぶための保健関係者の、又は、その他の緊急の業務に対応する医療関係者の集まり
(4) 治安や公共の秩序を維持するための、管轄当局や全ての階層における統一指揮命令委員会の集まり
(5) 公共の利益に奉仕するための、又は、管轄当局が定めた他の理由による必要な集まり
 
3. レストラン、食堂、喫茶店、飲料店、ホテル内レストラン等の営業(20:00~05:00)
※ それらの場所におけるテイクアウト商品の販売は可能
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 不要不急の外出
2. 多くの人が集まる集会等
● 期間
 4月7日~20日


●禁止
1. 不要不急の外出
※ 以下は適用外
(1) 職業労働訓練省・局発行の許可証を有する工場・企業への労働者の輸送
(2) 必要かつ緊急の医療サービスを目的とした最も近距離に所在する病院及び医療センターへの移動(同伴人数は、本人含めて4人以下)
2. 多くの人が集まる集会等(20:00~05:00)
3. リゾート地域の閉鎖
4. 飲食店、商店等の営業(20:00~05:00)

● 隔離等
1. 他州からの来訪者: 14日間の隔離
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 不要不急の外出
2. 多くの人が集まる集会等

● 隔離等
1. 他州からの来訪者: 14日間の隔離
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 不要不急の外出
2. 多くの人が集まる集会等
3. リゾート地の営業(4月7日~20日)
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 不要不急の外出
2. 多くの人が集まる集会等
● 期間
 4月14日~16日


●禁止
1. 多くの人が集まる集会・行事等

● 隔離等
1. 他州からの来訪者: 自宅での14日間の隔離