新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

2021/3/15
在留邦人の皆様
 
3月5日、カンボジア保健省は、カンボジアに合法的に滞在している長期滞在外国人に対して、無料で新型コロナウイルスのワクチン接種が可能である旨発表しました。
 
一方で、ここ数日は、ワクチン接種のために病院等を訪れても、「外国人は接種できない」と断られる事例が報告されています。また、一部報道によれば、外国人に対し自国の大使館において申込みフォームを入手するよう求められる事例もあるようです。
 
現時点においては、カンボジア政府から当館を含む当地各国大使館に対して、新型コロナウイルスワクチン接種に関する手続や申込フォームについての連絡や要請はありません。また当館からカンボジア保健省に外国人に対するワクチン接種の方針、手続等について照会していますが回答を得られていません。
 
現在、カンボジアで接種可能とされる新型コロナウイルスワクチンは、二種類(Serum Institute of India社製ワクチン「COVISHIELD」及びSinopharm社製ワクチン)とも日本の保健当局が承認したものではありません。現時点で、当館として積極的に接種をお勧めする趣旨ではありませんが、カンボジア政府によるワクチン接種については、副反応のリスクを含め、カンボジア政府当局の発表に十分注意を払い、行動していただくようお願いします。
 
新たな情報が得られれば、あらためてご案内いたします。